本文へ移動

当院について

概要

名称やまもと内科
所在地〒561-0832 大阪府豊中市庄内西町5-1-77 おがわ耳鼻科ビル4F
電話番号06-6335-5533
FAX番号06-6335-5534
代表者院長 山本 浩
休診日
金曜日・日曜・祝日
受付時間
午前9:00~12:00 / 午後16:00~19:00
開業
2008年7月
院内設備
内視鏡(経鼻、食道・胃)/レントゲン撮影装置/超音波診断装置(エコー)/心電図/呼吸機能検査/コロナPCR検査
診療科目
一般内科・心療内科・消化器内科
​ピロリ菌検査・治療/禁煙治療(ニコチン依存症管理)/漢方治療
心理カウンセラー(心理室あります。各種心理検査に対応。)
​予防接種
​市民健診(内視鏡も可能)
​在宅医療

消化器内科と心療内科、両方で診療

開業までの経緯

開業は2008年7月。もともと大阪の浪速区出身で、大学は奈良県立医科大学。その後奈良県立五條病院、大阪暁明館病院、京都南病院で、20年以上臨床に携わりました。病院の勤務医は、救急治療など経験が積める一方で、制限もいろいろあります。ですから、もっと本当にやりたい診療に専念したいと思ったのです。この場所は、そろそろ開業をと考えていた頃知りました。たまたま大学の同級生と会う機会があり、彼がビルを買い取って2階で耳鼻科を開業し、他のテナントとして内科を探していることを知ったのです。長年奈良や京都に住んだとはいえ、大阪は出身地で一番なじみがある土地ですし、僕の専門は消化器内科と心療内科。内視鏡と診療机があれば、どこで診療しても一緒なので、あまり迷わずこの場所での開業を決めました。

「心」も「身体」も、両方で診療を

両方を一緒に診療するというクリニックは少ないと思います。ですからそれを知って来院される方が多いです。いろいろ病院を回り、最後に当院へいらっしゃる方や、あれこれ試したけれど治らないという方も結構いらっしゃいます。もちろん風邪など急性疾患の患者さんも診ますが、2階の耳鼻科からの紹介もあり、肺炎の疑いがあるなど重い症状の方が多いです。その他、心身症が強く出ている精神病やうつ病、それに糖尿病や高血圧症などの慢性疾患、がんの方も多いです。救急疾患の方もいらっしゃいます。患者層は10代から高齢者と幅広く、遠方から来院される方もいらっしゃいます。ただ自分のスタンスとしてはかかりつけ医だと思っているので、なるべくご自宅の近所の病院に通ったほうがいいと勧めています。遠方からの通院は続きにくいですし、通院自体が負担になってしまうのは良くないですから。せいぜい大阪、京都、奈良、兵庫ぐらいまででしょうか。

診療について

まず事前に書いていただいた問診票を見ながら、一つ一つお話を聞いていきます。最初は病名が100も200も浮かびますが、どんどん分析しながら、病気が何か、どう対応したらいいか考えていきます。それでだいたい8割ぐらいの診断はつきます。僕の中で消化器内科と心療内科の境界線はありません。例えば胃痛の原因がわからず、紹介されて心療内科で来院された方でも、心療内科と違う印象を持った場合は胃カメラで再検査し、それによって早期のがんが見つかったケースもあります。逆に、内科で来院した方の話を聞いているうちに、背景に広がる事情が大きいことがわかり、心療内科の治療に変えるなど、本当にいろいろです。また心療内科で時間をかけたほうがいいと判断した場合は、月に7、8回来ていただいている専門のカウンセラーに話を聞いてもらい、僕が投薬、カウンセラーがカウンセリングと、両者が連携しながら治療をしています。

心身症のバックグラウンドを

消化器内科と心療内科を一緒に

大学では消化器内科を学び、卒業後、大学から派遣されて臨床に携わるようになりました。その中で、内科的アプローチだけでは治らない患者さんを数多く診る経験をし、心療内科を学びたいと考えました。心と体は別々のものではありませんし、両方を観ないと診断も治療も十分には出来ないと考えたからです。実は学生時代、精神科を志望していた時期があったので、もともとそういう傾向があったのでしょう。京都南病院では九州大学心療内科で専門医を取得した先生につき、消化器内科の診療と並行して、心療内科の患者さんも診るようになりました。

心身症について

心身症に至るものとしては、怒りや人を責めるという要素がかなり大きいと思います。あるいは自分を責める。自責他責、いろいろなものが心身症の基盤になるといわれています。人を責めると、自分自身も体調を崩しますし、責められた側も精神疾患になったり、体に不調をきたしたりすることがあります。また自分自身を責めてしまい、うつ病になったり、眠れない、食べられないということもあります。その根底には、自分の体調や自分自身のことがなかなか理解できない、自分をどうコントロールしたらいいかわからないということがあると思います。働き過ぎにしても、体はもっと休みなさいといっぱいサインを出しているのに、自分の状態を理解できないと、体を壊すことになるのです。理解できれば、病気も減ると思います。

心療内科は個人的なので、わかりにくい印象も

まず患者さんが自分自身の状態を理解することが一番重要です。例えば胃が痛いから単に胃潰瘍というのではなく、その背景には、患者さんの今の生活や家族関係、勤務状態など、すべてが関係している可能性があるということを納得していただきたいです。今出ている症状はほんの一端で、長い月日を経た生活の結果が出ているのかもしれません。現れている症状が盲腸などの病気であれば治療は簡単ですが、心身症の場合はバックグラウンドが大きいのです。一つ一つの病気にどういう背景があるかは、教科書に載っている例だけではありません。そこに至る過程、栄養学も含めいろいろなものが関係しているので、日々どういう生活を送っているか、バックグラウンドを理解することが非常に大切です。そして、それを自分で納得すれば、この部分を変えていけばいいんだということがわかるのです。生活習慣は大きな要素なので、ちょっとしたことで変わることがありますね。

今目の前の病気だけでなく、次につながる診療を

在宅医療も行っています

開業当初からずっと携わっています。病院に行きたいけれど、足が悪くて来院できない方や、ずっと来院されていた患者さんが通院できなくなったというケースが多いです。以前勤務医をしていた京都南病院でも在宅医療をしていたので、その続きのような感じです。また休診の金曜日には、京都南病院に応援に行き、朝は内視鏡の検査を、午後は心療内科で診療をしています。心療内科と消化器内科を一緒に診療している医師があまりいなくて、代わりの人が見つからないということで、開業以来ずっと続けています。
やまもと内科

〒561-0832
大阪府豊中市庄内西町5-1-77
おがわ耳鼻科ビル4F
TEL.06-6335-5533
FAX.06-6335-5534

2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2021年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
【休診日】金曜日・日曜・祝日
  • 夏季休暇0721−27
  • 8月のお盆期間中は通常通り診療します。
TOPへ戻る